2011年1月24日(月曜日)

「今日の絵手紙」

絵手紙1-24-2 我が家の18年前に亡くなった大姑様の遺品を整理した時、姑様から、もし欲しいのがあればとお許しをいただき、受け取った帯や着物の中に、大島紬もありました。そのまま着る機会もなく箱の中にねむっていたのですが、古布でパッチワークをたしなむ友達の影響をうけ懐かしい昭和の品々に心をむけるようになりました。昨年末その大島紬をリメイクしてジャケットに仕立てていただきました。その後姑様に見てもらったら、判明”これは私がはた織りでつむいだものだよ”と目びっくりしました。きっと、時間をかけて織られたものです。私も心して感謝して、着させていただこうと思いました。

 

絵手紙1-24-1

 

  このバックも大島紬の古布のパッチワークで作られたもので

 私の尊敬する素敵な方からプレゼント贈られたもので、宝物です。

 

 

 


絵手紙1-24-3百合根

煮物にはできませんでした。

春先土の中に........るんるん

 

 

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]